幸せなひととき

トルコ2日目

 トルコ2日目の私の足取り....
9:00 アヤソフィア訪問
10:00 ブルー・モスク訪問
11:15 ドマバチェフ宮殿訪問
15:00~ タクシム広場→街を見る
16:00 ガラタ橋を渡る
17:00 モスク訪問
18:00 再びブルーモスク
20:00 ホテルに帰る

 とまぁ、相当な距離を歩き続けました。

 アヤソフィア、知ってる人は知ってると思いますが、キリスト教の『教会』とイスラム教の『モスク』が融合した建物。もともとはキリスト教の教会だったんですが、オスマントルコ時代(確か)にスルタンがイスラムを信仰し、そのため、教会をモスクに変え、美しいキリストやマリアのモザイク画に土を塗り、隠していたという建物。
 トルコはまだまだ観光地化が進んでいないためか、パンフレットのようなものはなく、紹介文も英語とトルコ語のみ。宗教がらみの単語になると意味不明なため、たまたま居合わせ卒業旅行生グループについて、解説を聞いてました。ビザンツ絵画は嫌いなので、感動とまではいかなかったけど、本物はすごい綺麗だった☆

 ブルーモスク、ここは始めっからイスラム教のモスクで、内部のブルーのタイルが綺麗なとこ。信者さんと観光客とで見れる範囲が違うんだけど、信者さんがメッカのほうに向かって床に頭をつけて祈る姿はすごかった。

 ドマバチェフ宮殿。ここはトプカプ宮殿の後に作られた建物で、トプカプの実用性に疑問を感じたスルタンが建設させたもの。もう、ここは本当にすごい!!本当にため息しか出ない(ToT)/~~~
何がすごいかって、クリスタルの量がハンパないの。シャンデリアはオールクリスタリルで、奪取されては困るから、自由に見れなくて、写真撮影も許可制で、ツアーじゃないと見れないの。
もう、写真に収めたくてしょうがなかったので、写真撮影許可をとって、ツアーに参加(もちろん日本語なんてなし)。もう、圧巻!!石造りの宮殿だからさむいんだけど、隙間風にクリスタルがゆれて『きらきらきら....☆』って言ってるの。すごい!!綺麗!!トルコに行く人はぜひお勧め!!

 2度目のブルーモスクは、礼拝の時間に行ってしまいました。本当はお祈り時間には入れないんだけど、お祈りを聞いてみたいとお願いしたら、『女性は基本お祈りの時間は入れないから、ベールをして、絶対立たないならいいよ』と許可をいただいて、日没のお祈りを見せてもらいました。すごいね!!お祈りが始まったらどんなに騒がしくしていた少年たちも黙って、メッカのほうに向かってひたすら祈り続ける.....。床にはトルコじゅうたんで、一人一人の祈りスペースが確保されてるんだけど、そこに一人ずつきちんと入って、祈る。祈る。祈る。
 イスラム教徒じゃなくても、あの時間は心洗われる感じ。ホント、素敵だった!!
[PR]
# by cocomopinacolada | 2006-03-13 22:44

トルコ着

b0067388_0323410.jpg

再び来ました!トルコ\(^O^)/今回は7時についたから早めにチェックイン出来た!!トルコは英語も通じにくいので、行きたい場所をトルコ語で書いて示して生きてます。

チェックインしてそのままいればいいのに、カメラに写真を収めるために走ってモスクまで!でも、祈ってる可能性あるから外観のみ。

その後、小腹がすいたのでケバブにチャレンジ!が、トルコリラを持ってないことに頼んだ後気付く!(・・?)
「ホテルに取りに行くから待ってて!」というと、「いいよ、食べていきな。明日持ってきて☆彡」と気軽に無銭飲食認めるありさま。サンキュー!
帰り、水を買おうとお店に行けば、「おつりがないから持っていけ。明日払っとくれ」(・・?)現地通貨も使えない国ってなんだぁ?
ほわもかのヘンテコ旅が始まりそうです。
[PR]
# by cocomopinacolada | 2006-03-12 18:32

最後のスクール

1ヵ月間通いつめた学校とも今日でお別れ。昨日の夜から約3時間かけてクラス全員(15人)に手紙を書いた私(;^_^Aマジ途方にくれる作業すぎて途中半泣き。でも、ある人には渡してある人には渡さないってなんか嫌じゃん?!そんなんなら誰にも渡さないほうが良いと思って…。それで、頑張りました!!

まず始めにテスト!!テストっていうから合格ラインとかあるかと思いきや、受けるだけらしい。そのあと、certification(修了証)をばっちりいただきました☆彡無くても出国とか何でも出来るけど、やっぱり欲しかったこの証書。

その後、クラスに戻って最後の授業…ってかお別れタイム!!もう写真撮りまくり(笑)。うちのクラスだけなんかしらないけど15分くらい戯れてた(・・?)他のクラスの友達が「なんでこのクラスは…」って不思議そうなかんじ。
多分、今はホリデー中のDAVIDのおかげ☆彡彼はホントにgood teacherだったと思う。毎回ゲーム形式、チーム戦で問題に取り組む感じで、いつも違う国、違う人と会話できるように組んでくれたの。だからクラスみんな名前覚えてたし、名前で呼びあったし…。イラクとかブッシュ政権、イスラム教の話になると本音でバチバチやってたクラスだけど、マジみんないい人。最後はみんなでチュッチュ×2キスでご挨拶(笑)。そんでクラスを出ようとしたらブラジルの青年(38歳くらい)が私にプレゼントくれたの\(^O^)/彼も私と同様の写真好き・祝い事好きで二人で写真を見せあいこしてた仲。中はブラジル国旗Tシャツ!!大事にします。そしたら今度はトルコの子がトルコ伝統の石細工のマグネットをくれた☆彡マジみんないい人過ぎる(>_<。)

涙涙のお別れの後は色々ともに出掛けたチャイ人とのお別れ。笑ったり怒ったり驚いたり色々あったけど、たくさんの思い出ありがとう!!あとは日本人数人と写真撮影。

十分にお別れをした後は……今度はヴァッキンガムに日本から来た大学の友達と再会。やっぱり彼女は細い!!そして変わりなく元気そうで良かった(*^_^*)そんで、一緒にイギリス料理・fish&chipsにチャレンジ!!ここのも揚げたてが出てきてなかなかGOOD☆彡イギリスのfish&chipsは当たり外れが無いっていうのはホントかも\(^O^)/

あぁ、明日はいよいよイギリス出国!!再びトルコにゆきます☆彡
[PR]
# by cocomopinacolada | 2006-03-11 20:46

やりつくした

イギリスも残り2日。
やりのこしたことを探そうとしても見つからないくらいやりました。いろんな人に「楽しんでそうだね」って言われますが、ホント反論しようがないほど楽しみました。唯一やりのこしたのはパブやバーに行かなかったこと。でも、夜遅くに出歩いて帰れなくなったり、変な人にからまれたくないから良いのです。夜はやっぱり怖いので。

あぁ、辞書を無くして1週間経ちました。辞書がないというのもなかなか良いもので、自分の少ない単語の中から一生懸命検索して脳みそ回転している感じです。

一方でブレナム宮殿でこけて出来たあざは今だに紫のまま。しかも屈伸するたびに激痛がはしる有様(;^_^A旅の際は『急がば回れ』『郷にはいって郷に従え』ということも痛感ってトコでしょうか。また、年をとると治りが悪いのも感じるこのごろ…。

あぁ~~、イギリスに不法滞在でもなんでも良いから残りたい(>_<)。日本に帰ったらもちもちしたジャポニカ米を一番に食べたい!!

そういえば昨日ホストママが焼そばに似たものを作ってくれました!!スパゲティーを茹でて醤油で味付けし、炒めたもの。なかなかの味でした☆彡
[PR]
# by cocomopinacolada | 2006-03-10 22:25

ロンドン橋おちる♪

ローンド橋おちる、おちる、おちる♪
の歌で有名なロンドン橋。でも、実はロンドン橋(London Bridge)は普通の石畳の橋であって、稼働式ではないのです。あの歌で有名な橋の名前は『Tower of Bridge』!!

で、Tower of Bridgeは年に900回くらい跳ね上がっているらしい。ちょっとへぇ~。って感じかな?

日本だったら橋が上がるのをぜひとも観光名物にと何か企画でも何でもやりそうなものだけど、ロンドンではそんなものなし(;^_^A
端のうえにインフォメーションセンターあるんだから、「次は◯時に跳ね上がりますよ」って表示してくれたって良さそうなのにそれもなし。

でも、どうしても見たいほわもかがまずやったこと
①インフォメーションセンターに電話してみる
→撃沈。音声ガイダンスで音が割れてるし速いしで何言ってるかさっぱり(>_<)知りたい情報の番号を押せ!しか解読できず…
②インフォメーションセンターに直接赴いて人に聞く→成功!ボディーランゲッジの使用を先生から禁じられてるほわもかですが、使うことでばっちり情報ゲット☆彡

そんな経緯を経て橋の跳ね上がるとこを見に行きました。情報によれば19:15に跳ね上がるとのこと。7時から場所も陣取って準備万端!!ってか、私以外誰も陣取ってない…(;^_^Aみんな知らないから…。

時間は刻々と過ぎてゆくのに橋は跳ね上がらず……
が、19:25。ついにその時が来ました\(^O^)/!!!
短めのサイレンの後、徐々に橋が上がっていきます……その間を大型船が……と思いきや、意味不明な小型でやたら帆のでかい船が通ってゆき……橋はもとに戻ってゆきました…。

ほんの3分くらいのあっと言う間の出来事だったけど、見たいものが見れて良かった(*^_^*)
[PR]
# by cocomopinacolada | 2006-03-09 17:30

自由な休暇

イギリスにきてまたまた驚く出来事発生!

明日からうちの担任が変わってしまうのです(>_<)これだけ聞くとなんでもなさげですが、週の始めではなく、週半ばから担任が変わるって変じゃない?!しかも誕生日も一緒に祝ったりと他のクラスより仲イイ印象のあるクラスなのにどうして……(>_<)

さすがにこの事態にはクラスメートも食らい付いて、なんで?!の嵐……

先生の答え:「footballの試合があるんだもん♪」

は?(・・?)多くの生徒は事態をのみこめない様子。試合観戦のために休むの?!そしてそれがフツーに認められるわけ?!しかも試合観戦のために2週間も休暇をとるらしい(;^_^Aこれまたビックリ!!

授業後、先生に「もっと一緒に勉強したかったよ…(涙)」と伝えてみると、「ごめんよ。けど試合の日にちは僕には変えられないんだ」とまぁコメディーチックな返答(笑)。
これだから「日本人は働きすぎだ!」って言われるんだなぁと納得!!

先生が変わるなんてやだなぁ~~。
[PR]
# by cocomopinacolada | 2006-03-08 18:03

お祝いごと

3/2はclass teacher.3/5はHost grandmaのBIRTHDAYでした!相変わらず祝い事好きなほわもかはclass teacherにメッセージカードをしかもクラス全員の寄せ書きであげようと思い立ち、3日かけて集めたのです☆彡文化も考え方も違う人たちの集団だから書きたくないっていう人もいたし、ラテン系の子たちはそうゆうのに慣れてるためか、さらりと甘いメッセージを書いてくれたりと色々。でも、ペンとカードを持って走った甲斐あって16人分無事に集まって感動☆彡先生もビックリしつつ、喜んでくれました!!何かを言い出しっぺでやるのって大変なことも多いけど、良いこともたくさん☆彡今回だと、クラスで一番ちっちゃいほわもかがちょこまか走り回ってるのは面白いらしく、クラスメートがいつも「今日も元気?」ってスマイルでコミュニケとってくれるし、誕生日にどんなメッセージを書くのが良いのか盗むことできたし、あと、イギリスでは誕生日に何を贈るのが良いか知ることができたことかな?あとは英語で話すきっかけができたこと。なか
なか自分の言いたいことを言葉にできない私にとって、話題があるのはありがたい。

grandmaの誕生日にはメッセージカードと花をあげました☆彡花はエジンバラの帰りに買ったんだけど、そこでももめ事発生。花の色について!私、白い花、薄い色が大好き☆彡ほわママの影響もあり、花は白がいい。原色は嫌。それで、鉢植えの白いチューリップを買おうとしたらチャイ友に「白はダメ。誕生日にあげるなんて何考えてるの?」と言われ、彼女の言い分は「真っ赤かむらさきがイイ。黄色もダメ」だった。それでも白を買いたいと主張したら「あなたの好き嫌いで選ぶのは止めたほうがいい」とまできっぱり言われ、白は断念。外国人は人が傷つく傷つかない構わずストレートなのが嫌(>_<)
でも赤と紫は避けたい私は店員さんに誕生日に相応しい色を聞く始末(笑)。店員も何人も聞いてくれて、「白もOK」とのこと。それでもチャイ友も折れないので、鉢植えを止めて切り花の赤ピンクを選択。

家に帰ってプレゼントすると大喜び\(^O^)/☆彡可愛い!とおばあちゃんニコニコでした。で、ブリテンの花の色の意味についてママに聞きました。すると、白→結婚 赤→愛 黄→初対面の人への友好 紫→死らしい。日本はどうだろう?!

何をするにも勉強と豆知識が必要です。
[PR]
# by cocomopinacolada | 2006-03-07 23:27

エジンバラ2日目

朝はスコッティッシュ朝食をいただくことに@ホテル。スコッティッシュ朝食といえど、フランスやイタリアと変わらず(;^_^Aハムの代わりにベーコンだったりクリームチーズがスモークだったりプロセスだった違いかな?スコーンはでなかった。ちょっぴし残念。そこでもチャイ友達は失望。朝は色んなものが選ぶのに困るくらい並んであることを想像してたらしい。実際はベーコンと卵とトマトと数種類だったからため息の嵐。確かに4つ星と聞いたら心踊るのはわかるし、なのにこれなの?って思えばそうだけど、何でも受け入れる気持ちがないとダメだと思う。日本みたいにお客さまが神様だと思ってる国のほうが少ないし、それが当たり前だと思ってると不幸だと思う。これまでも何度かわがままだなぁって思ったけど、今日も「朝食がまずいから」と見るも無残なマナーの悪い食べ方をするから
「マナーが悪い(-_-メ)」とついに一喝してしまった(苦笑)。

無事チェックアウトを終えて今日はエジンバラ城☆彡これまた天気が良くて、城からの眺めがすごいの!!青い海、空、煉瓦作りの街並。もう素敵すぎて声も出ない(*_*)エジンバラ城はスコットランドとイングランドの攻防で何度も戦場になった場所。アメリカ独立戦争の捕虜を入れていた場所でもあり、歴史を感じる。

あっという間の小旅行だったけど、大満足です!
[PR]
# by cocomopinacolada | 2006-03-06 18:37

エジンバラ1日目

今日からほんとに小旅行。中国人の友達と1泊2日の旅。
行き先はスコットランドのエジンバラ☆彡ここも世界遺産の街。列車で4時間半の旅行なの。やっぱ旅行は列車か飛行機に限る!景色がキレイで最高☆彡

エジンバラ到着したら、意外に寒くなくて一安心。良かったぁ。
駅からホテルまで歩いてチェックイン!エジンバラって坂だらけでホテルも坂の上。ちょっと疲れながらも4つ星ホテル着☆彡 が、いきなりのハプニング!電気がつかない(*_*)まぁ、ホテルマン呼んでどうにかなったから良かったけどね(;^_^A4つ星と言えど、あまりアメニティーはついてないし、扉も壊れてるしでまぁなんとも…だけど、ベッドがお姫さまチックな天井とカーテン付いてて感じのやつだった(*^_^*)ちょっとそういうベッドを体験したいと思ってたからラッキー!!フランスもイタリアも3~4つ星で色々ハプニングあったから、今回のホテルは私の想定の範囲内。むしろGOOD!!けど、逆に一緒に来たチャイの友達は失望に近い状態。彼女はホテルにすべて揃ってると思って洗面用具もパジャマも歯ブラシも何にも持ってきてなくて、何にもないからもうショックを隠しきれない様子。。。米、加、英、仏、伊、豪に行って思うけど、基本的にホテルにはタオルと石けんしか置いてないのであとは持っていこう!!

ま!気分改めスコットランド美術館と教会を鑑賞。5~6時にかけて店が一斉に閉まり始めるから今日の観光はそんなトコ。

エジンバラって夜景が世界遺産に登録されてるんだけど、超キレイでした!!
[PR]
# by cocomopinacolada | 2006-03-05 18:37

神の与えた試練

今日の起床時間は4:50!!なぜならロンドンを7:15に起つ電車に乗りたかったから。
本日は学校を自主休講して一人旅に出掛けたのです。←1コマしかなかったからいっかな?なんて…

☆本日のスケジュール☆
7:15 London Marylebone→Bunbery乗り換え→9:40 Stratford-upon-Avon
11:38 Stratford-upon-Avon→Bunbery→13:06 Oxford
15:00頃 ブラナム宮殿行バスに乗る→観光→17:30バスでOxfordに帰る
18:00 Oxford→18:55 London Paddington着
の予定(;^_^A
普通1都市半日かけるところを2時間でしかも徒歩で行なうから極限のハードスケジュール。もうちょっとゆっくりすれば…という声も聞こえそうだけど、どこもロンドン郊外は17時に閉まるので、ゆっくりしても意味がないんです。しかも、電車もバスも30~60分に1本だから乗り過ごすと最後。だから、人に迷惑かけないためにも一人で行きました。ホント後から考えると大正解だった!

Stratford-upon-Avonというまちは、あの脚本家で有名なシェイクスピアの育った街。やっぱイギリスに来たからには見なきゃと思って。天気にも恵まれて写真日和☆シェイクスピアの部屋の再現を見てると当時の世界にいた気分になっちゃいました!
その次にOxford。ハリポタ好きな私には外せないエリア!!クラストチャーチ、ホントキレイだし、ハリーの撮影場所と一致するし心踊る時間。また、隣にある、皇太子さんの通ってたマートンカレッジに足を運んでみたり、不思議な国のアリスのショップに行ってみたりと充実なひととき。
その後、世界遺産のブラナム宮殿へ。物凄い広い場所。900ヘクタールの土地。ここはあの有名なチャーチル首相の生家。時間もあまりなくて走ってたら、レールに足を引っ掛け、派手に転けた(*_*)しかも、膝関節を鉄に強打してしまい、また、寒さで転んだときの痛みが麻痺状態でホント気分悪くなった(;_;)でも、なんとか宮殿にありつくと、すばらしい宮殿。ヴェルサイユとかより後の時代だから、実用性が増しつつ、でもゴージャス!!
満足して帰ろうと、宮殿から1~2キロ離れたゲートへ…。ゲートが閉まってる!!はぁ??ってことで宮殿に引き返す。そしたら「西門からでて!」とさらりといわれる。それならそうと看板くらい出してよ!!
おかげでバスを乗り過ごし、風の吹き荒れるバス停で45分もバスを待って、一時間遅れでロンドン着。

と、最寄り駅で電子辞書を紛失していることに初めて気付く(;_;)ど~しよう私。絶対列車に置き忘れたか転けたときに落としたか…。あと1週間をどう過ごそう…。
[PR]
# by cocomopinacolada | 2006-03-04 22:34

イギリスに住みたい!

2週間前は「イギリスは住むには適さない」と宣言してしまいましたが、やっぱり訂正します(^_^;)「イギリスにすみたいです☆彡」

物価高いし、食事も日本に比べれば断然劣るし、トイレ・バス事情もイイとは言えないけど、それでも住みたい!!

私、どこでも住めば都と思えるタイプらしい。やっぱり、私のホスト先はまわりのホスト先よりもかなり厳格らしい。ママもグランマも性格いいんだけど、ハウスルールが細かいんです。昨日ニュークラスメートがホスト先の愚痴をこぼしてて、「うちはプラスαこんな決まりあるよ」って言ったら「イギリスってそんなもんか。頑張ろう!」と開き直り始めたし、ポルトガル人に「あなたはすごい!」と呆れられてしまいました。

住みたい理由はみんなpoliteだし、みんな笑顔なところ。彼らも疲れるときは疲れるし、退屈なときは退屈だけど、どんなときでも「Hi!How are you? 」のあいさつを欠かさない。
私の住みたい理由はただそれだけ。でもKeep Smileでいられることってすごく大事だと思う。

あとは、歴史が長いだけあって見どころたくさんなトコと人種のるつぼ的なところ。それから…ケアンズに来てたヨーロッパ人はバケーション兼ねた人が多かったけど、イギリスはかなりの人が勉強に来てるから、意欲高い。普段はにこやかなメンバーも政治や宗教絡みの話になると真剣だし、みんな世界の歴史や事情に詳しくてすごく刺激を受ける。

だからもっと長くイギリスに住みたい!!
[PR]
# by cocomopinacolada | 2006-03-03 16:37

……

今日は観光もしなかったし、結構真面目に真っすぐ家に帰ったので、なにもない日でした。無駄遣いはしてないものの、旅費と入館料が結構かさんできたため(“かさむ”ってもしや方言?!変換できないよ。)、朝からピカデリーまで行って両替してきました。£1=¥215になっててまたまた驚き!!ただし、手数料とられなかったからラッキー!!もしかしたら手数料込みなのかも?けど、駅とか観光地行くと£1=¥220の表示だからお得だったことに間違えなし☆彡
☆ほわもか一口メモ☆
両替ならばピカデリーサーカス駅から徒歩3分のアメリカンエキスプレス事務所に行くべし。HAYMARKET通りにあり。トラベラーズチェックも手数料なしで交換してくれる!!

あとは……最初の頃はイギリスの住環境が耐えられなかった私ですが、いまでは平気になってきました!!
[PR]
# by cocomopinacolada | 2006-03-02 23:07