幸せなひととき

カテゴリ:T教授ゼミ( 16 )

最後のゼミの飲み会!!

 今日無事に卒論(ゼミ論)を提出して、その後に2年間最後のゼミの飲み会を高幡不動でやってきました。コンパ係、最後のお仕事がんばりましたよ!って、お店の手配をしただけなんですけど....。私、乾杯の音頭とかとるのが苦手で、いつも他人任せ(笑)。今日もゼミ長にふって、お開きはゼミの面白キャラのT君にふってみたいな....。

 ゼミ最後の飲み会はドコにしよう....考えた挙句、第一回の飲み会をやった『○狗』にしたのです。○狗って値段の割りにまあまぁ料理がおいしいし...。学生には飲み会3000円で終わって欲しいしね^_^;

 今日の飲み会はもうゼミ論も提出してしまったし、みんな爽快な顔!単位がいっぱい残ってる人は泣く泣くソフトドリンクで我慢しててちょっとかわいそうだった。けど、仕方ない。試験終わるのって個人によってさまざまだし、みんな試験終わったら巣津行旅行行きまくるっぽいし...。
 
 飲み会中の話題は、卒業試験に関すことと就職先の話について。銀行内定もらった子は最近会社から模擬紙幣が送られてきたらしく、札を縦読み、横読みの2種類を練習してるらしい。ブライダルに就職した子はゼミ員に「ご予定がある場合は是非是非!」とさっそく営業スマイルで営業したてよ。ホント、ヒドイ子で、「ほわもか、ブライダルポイント制にしてあげるよ!2回目よりは3回目、3回目より4回目、5回目には最大50%オフにしてやるよ♪」って言ってくるんだよ(ーー;)全く失礼なもんだ!結婚は出来れば一回で終わらせたいっつーの!!国1の子は、住居手当がすごかった!!南青山の寮、月の負担家賃1000円(2000円だった?)の共益費10000円で入れるらしいよ!!ありえない!!さすがお役人様^_^;

 なかなか仲が深まりにくいゼミだったけど、最後の最後で仲良くなって良かった良かった!!

 ってか、ほわもか飲み過ぎた!!みんなに「今日のほわもかはよく飲むね~」ってびっくりされた!

 今日、途中で1人増えたんだけど、お店の人は気づかず、1人分の飲み放題、くすねてしまった(笑)。そして、先生のありがたいカンパがあって、私達学生は2000円でのみくいできたのでした!
[PR]
by cocomopinacolada | 2006-01-12 01:37 | T教授ゼミ

最後のゼミ

 今日は学生生活最後のゼミ!!
 題は①子育て②文化について。いつもは発表者1人なのに2人もいたから慌しい感じだった。なんだかいつも通りすぎて最後って感じがしなかったけど、これが本当に最後!!(>_<)
 授業後、○山ゼミが普段は使ってる空き教室で教授に卒業式に渡す色紙の寄せ書き.....。みんな、イイコト書いてた!!最後のほうで結束してきたTゼミ☆卒業後も仲良くできるかな??ブライダルコーディネーターもいることだしね(^_-)

 で、前からたぴさんからもらってた印象バトンをひとつやります!!
1)回してくれた方の印象をどうぞ
とってもアクティブな子!彼なら例え震度7の大地震が起こったとしても、家の下敷きになったとしても、無傷で自力脱出しそう!!
そしてお酒に強いしかなりの頻度で飲んでる☆

2)周りから見た自分はどんな子だと思われていますか?
  5つ述べてください。
天然ボケ・宇宙人・ほんわかしてる・よく働いてる・明るい

3)自分の好きな人間性について5つ述べてください。
自立している・気配りができる・約束を守る・プライドを持ってる(いい意味で)・人を笑顔にさせる

4)では反対に嫌いなタイプは?
時間を守らない・理想論を語る・自分に自信がない・自分勝手・張ったりばかりかける

5)自分がこうなりたいと思う理想像とかありますか?
ある。気配りができる・約束を守るって言うのは絶対!!あとは英語ペラペラになりたい!

6)自分の事を慕ってくれる人に叫んでください。
こんな私でもあなたの力になれるのならこれまで以上に何でも打ち明けてほしい!必要なときはいつでも呼んでね!

7)そんな大好きな人にバトンタッチ5名!(印象つき)
・おーちゃん(後輩の面倒見がイイ!女の子をキュンとさせる術を持ってる)
・せりーぬ(パワフルでセレブでアクティブな女子大生)
・いしえみ(気配りができてキビキビしてる!お酒が入るとドンドン壊れていく・笑)
・K君(すごく慎重で気が利く子。お酒好きだけど、なぜか豊田の家では無理をしてしまう←事実?!)
・ピンクの店員さん♪(明るくて元気がいい!!行動力があり、一度決めたことは貫く)
[PR]
by cocomopinacolada | 2005-12-22 01:36 | T教授ゼミ

4年になってはじめての飲み会

 今日は飲み会。でもちょっとドキドキな飲み会^_^;それは.....合コン☆ではなく、単にゼミの飲み会。なのに緊張.....。ありえない。

 うちのゼミ、前にも言ったんですが、仲はいいものの、みんな深入りしない感じの関係の薄いゼミなんですよ。みんなそれを不思議に思ってるんです。だって、希薄なゼミとはいえ、毎週みんな勢ぞろいするし、みんな1年ごとに2万字の論文をかいて提出するといった至って真面目なゼミなんです!!だけど、いや、にもかかわらず希薄なんです。

 でも、みんなもう手遅れだろうとほったらかして今に至ってしまいました(-_-;)。が、ココである日女の子同士で『なぜTゼミが関係希薄なのか真剣に考えようの会』が発足してしまいました。で、結論は、「みんなが集まってご飯でも食べれば仲良くなれるはず!この際飲み会をやってぶっちゃけトークで盛り上がってしまおう」でした。で、呼びかけは私(笑)。

 @立川で2時間の飲み放題。結構みんな飲めるんだなぁ~。←そんなことも知らなかった私たち。
 今日の発見の数々☆
・男ゼミ員A君は、女の子とほとんど話したことがなく、今日初めて自己紹介していた
・男ゼミ員B君は、見かけとは裏腹にメイド喫茶に何度も行ってた過去があったらしい
・女ゼミ員Cさんは、見た目ベジタリアン風だけど、実は野菜嫌いな肉食系らしい
・男ゼミ員D君と女ゼミ員Eさんは無理矢理カップルに2年前からでっち上げられてたらしい
などなど......。
 ホント、今更自己紹介してるあたりウケタ!!結構最後のほうは教授に聞きたい疑問(主に1個)を誰が聞くかでもめて大笑いの会になってました。

 うん、なんか2時間で収穫はあった感じ☆幹事をやってて良かった!!
 来週もゼミに頑張って行こう!!
[PR]
by cocomopinacolada | 2005-12-08 00:34 | T教授ゼミ

中間発表☆

 わーい!!おかげさまで中間発表を無事に成功させることが出来ました!!バンザーイ!!中間発表といっても最終発表なるものはなくて、最終発表=論文の冊子化なので事実上これでおしまい!!学生生活の発表の機会はこれでおさらば(^o^)丿......っていいつつ、2週間後は英会話のディスカッション発表が残ってたり......。

 で、自分的には今回、今までの学生生活で最も充実した発表が出来たかなって感じでしたね♪納得の発表が出来て大満足!!

 昨日、レジュメを作成し、今まで読んできた文献を整理して、決戦のゼミに用意をしていると、7月頃に作った仮論文計画書なるものが出てきて懐かしいと思いましたね。あのころは医薬品産業といえども何を課題にしていいのかわけもわからず、何を論文の軸におくかも定まらず、全く意味不明の計画書で笑えました。日々成長やね♪

 でも、よくよく考えれば論文が進み始めたのはこの11月から。それまでは書かなきゃと思いつつも書けなくて......。周りからの圧力があってやっと書き始め、その中で躓いた時にはヘルプカードをもらって.....の繰り返しでようやく14000字完成→発表を迎えたのでした。

 去年はインターンシップの可能性を論じたものの、みんなに批判されて、論を打ち砕かれてしまい、『論理性にかける』とまで批難されてすごい悔しい思いをした分だけ、中間発表には強い思い入れがあったんですね。だけど、今回は自分の中でシュミレーションしつつ、医療関係者に相談して、自分の意見の論理性を確認したこともあって、批難されることなく、相手に意見を押し付けることなくやれてこれてよかったなぁ~と安堵の気持ちでいっぱいです。

 といっても、自分のプレゼンの仕方には課題がいっぱい!!今日は昨年の反省点から説明をゆっくり目にしたけど、まだまだ緊張から文章を正確に読めなかったり、自分で説明しながら手振りといったジェスチャーが多いことに気づいたりしました。人生、プレゼンはこれで終わりではなく、むしろ来年からはますます多くなるかもだから、今日の反省点はちゃんと自分の中でメモしておきたいものです!
[PR]
by cocomopinacolada | 2005-12-01 00:37 | T教授ゼミ

自分達の可能性

 この間のゼミで、担当者が貧困国のスポーツ普及活動について報告してくれました。
 そう、あえて『報告』って使ったのは、彼自身が本当に貧困国に言って普及活動をしてきたからです(^o^)丿

 彼の報告によると今年の9月に青年海外協力隊のメンバーとして、異例の2週間と言う短期滞在で、アフリカの貧困国で野球文化について指導してきたようでした。話の内容は、どうやって野球の指導をしたのか、どうやって学校側と交渉したのか、何が大変だったのか、その国の問題点はなんだと思ったかなど、事実に基づく質問が大半を占めたんですが、今回の報告でほわもかが一番感じたこと....。

 それは、『私たちは自分でアクションを起こせば出来ないことはない!』ってことです。アフリカに行って何かボランティア活動をするなんて、なかなか考えられないし、何をどうすればいいの??って私は思ってしまい、どうせなんにも所属して無い私には無理なんだろうなぁ~と、当たり前のように自分で可能性を否定して、選択肢を消している部分があります。
 そんなに時間がないから.....言葉が違いそうだから.....お金がかかりそうだから.....あれがあるから....これがあるから......ってなんでもかんでもやる前から色々理由を並べてしまってる自分がいます!これじゃ、だめなんですね☆

 今の自分、予定を詰めすぎて、自分で主体的にやろう!ではなく、時間に追われてやるべきことをやらなきゃならないっていう強制力に駆り立てられた生活をしているようでなりません(>_<)もっともっと自分から自分からいろんなことに挑戦しなきゃ!!

 そんな気にさせられて、今はモチベーション、かなり高い位置にいます(単純すぎ・笑)。
[PR]
by cocomopinacolada | 2005-11-19 02:26 | T教授ゼミ

ちゃんと論文に着手!

 もう今年も残り2ヶ月!!ってことは当たり前ですが1年の5/6も終わってしまいました(-_-;)

 ほわもかの当初の予定では5月に論文着手→6月・7月 20000字の論文を書き終え、夏休みを迎える→11月 余裕の中間発表→1月 論文提出。
 という夢のような構想を描いてました♪

 が、ふたを開けてみると、毎日なんかに追われていて(というより追われたふりをして)結局10月まで着手していない状態(汗)。そして、10月末にはホント、ヤバイヤバイと身の回りの人に叫んで終わり、11月に突入してしまったというわけです。
 『このままでは口先女になってしまう(>_<)』という自身の危機感、ローマ・パリで遊びすぎた!という充実感から、ついに今日立ち上がりました(大げさ!)。

 バイト終わって、ご飯食べた後、とりあえず集めてきていた資料を並べ、まとめながらパソコンでカタカタ.....。このPC、大事なときに必ずフリーズして私を悩ます性質があるので(そろそろ買え時?!)、ちょっと書いてはすぐに保存保存♪を繰り返しながら......。3時間半集中して5000字強書き上げました(^o^)丿♪5000字書いたからあと3/4♪どうにかなるっしょ?

 その後、集中力がプッツンと切れてしまったので、文献持ってSバックスへ!帰国しいて4日しか経っていないのにもう3度もSバックスに行ってる私は相当のSバックスファン?!毎回行ってる場所は変わってるのですが、今日は立川○ミネのSバックス♪前回行った時は店内改装をしていて、今日はもう完成してました。う~ん。私は前のほうが好きだったな(-_-;)なんか、やけにオープンになりすぎ&光が明るくなりすぎてちょっと嫌!
 でも、カフェモカは相変わらず美味しかったので大満足!!&文献読みが捗ってよかった!!


 ここで宣言します!!11月末までに16000~18000字書き上げます!!なぜ20000字にしないかというと、中間発表後に修正部分として書き加えるからです(^_-)☆
[PR]
by cocomopinacolada | 2005-11-08 23:10 | T教授ゼミ

介護保険

 今日のTゼミの御題は『介護保険制度』のなかでも『介護予防』について。

 介護予防とは言葉が言い表している通り、高齢者が介護状態になることをできるだけ防ごうとするもんで、要支援1・2、要介護1と認定された人は対象に受けるサービス。
 発表者の子が示してくれた論点は、この予防介護を広めていくにはどうしたらよいのかと言うこと。そして若者が高齢者に関心を持ってもらうにはどうしたらよいかということ。

 高齢化社会では避けられない話題。みんな身近な話題だし、取り組みやすい論点なだけあって議論は盛り上がるし、ユニークな意見もたくさん出てくる(^o^)丿

 でも、議論が湧く一方で、議論の方向性としては明るいものではなかったですね。
 私も結構この問題に対しては悲観的立場です。

 理想としては介護予防によって痴呆を防いだり、自立をさせてあげられたら高齢者にとっても、同居している家族も、福祉政策に予算をかけてる行政もみんなハッピーになるのが一番です。
 けど、現実には無理ですよ。高齢者って基本、自分からなにか新しいことを始めようと思わないと感じるからです。もし、そんなことはない!高齢者だって新しいことを始めるんだ!って言う人いるかもしれないけど、そんなスーパー高齢者は介護認定受けてない元気な人だと思う。

 私の周りにも高齢者の方いるけど、新たなことに踏み出す人は80過ぎても元気に働きに行ってるような人。そうでない人は現状維持を目標にしている。もしくは、怪我でもして家族に迷惑掛けないようにって家に引きこもりがちになってる人って感じですね。そんな現状ののなかで介護予防に積極的参加を促すのは無理がある気がします。

 そして、若者が高齢者に対して関心を持って地域の予防介護事業に参加させる方法については、今の現状から言えば厳しい気がします。だって、社会のニーズ・声としては、介護施設が足りない=高齢者を施設に入れたい家族がたくさんいる=家族にとって介護の必要な高齢者が負担になっているってことだと思います。そういう家族の苦しい現状の中で若者が高齢者に対して明るいイメージを持つのはかなり厳しいと私は思ってしまうのです。
 だから、もし、若者が高齢者に対して関心を持つような環境を作るのであれば、教育プログラムに福祉を組み込むだけでなく、家族の中の高齢者の位置づけをもっと明るいものにするような施策が必要なのではないかと考えるのです。

 
[PR]
by cocomopinacolada | 2005-10-19 22:42 | T教授ゼミ

卒論の方向性

 今日も朝から情報処理室でカタカタ.....。
 卒論の資料収集。今回に限っては大学の図書館に全く資料がなさそうなので(あったとしても薬価制度くらい?!)、ネットでひたすら検索検索( ..)φメモメモ

 『医薬産業政策研究所』っていういかにも!みたいなところに、薬の経済効果を研究したレポートがいくつかあってダウンロード.....。
 ん??待てよ!!これを研究するには『経済原論』がわからないといけないのかな??(汗)
[PR]
by cocomopinacolada | 2005-10-14 12:31 | T教授ゼミ

OBゼミに帰ってくる

 今日、突然去年卒業した女の先輩がゼミに顔を出してくれました(^o^)丿その先輩、ホント笑顔が素敵な人で、明るくて、尊敬してる人だったんです♪だから、ゼミに参加してくれるってことで超ハッピーになったのです(^_-)

 でも、今日って平日だよね??なんでゼミに来てくれるんだろう??有休かな??

ほわもか「先輩、お久しぶりです☆元気でしたか??」
先輩「ほわもか、元気??私ね、会社辞めてきちゃった!」
ほわもか「??・・・・・・?!?!?!(゜o゜)えぇ~~~~~!!」

 その先輩、すごいいい人で、短気なほうでもないし、すぐに投げ出すような先輩じゃない。なのにナンデ?ナンデ?ナンデ??
 私の中で疑問詞がたくさん並ぶ。

先輩「人間関係ってホント難しいよ。」
 先輩によると、就職した金融系一般職の人間関係に疲れてしまい、6ヶ月で辞めてしまったとのこと。運悪く、先輩の配属先は『お局様』がいるところで、一年目のかわゆい先輩は生け贄になってしまったとのこと。あんまり細かいことは語ってくれなかったけど、女の世界は怖いっていうのが良く分かった(-_-;)結構大きな金融会社なだけあって運良く(苦笑)『社食』なるものがあり、新人はそこでとらないといけないとの慣習のもと、一日中ずっとお局様の下で過ごさないといけなかったんだって。そして、それが辛すぎて辞めちゃったらすぃ。

 はぁ~、就活のときなんて『人間関係よりもまずはやりがいでしょ!』って思ってたけど、やっぱ、職場環境って凄く大事なんだと感じました。
 この間はこの間で他社の製薬会社の新入社員の評価について聞いたから、若干『会社』というものに目に見えない恐ろしさを感じるようになってきました(汗)。

 でも、男の多い職場はあっさりしてていいらしぃ。
 女が多くない職場に配属されますよ~に☆
[PR]
by cocomopinacolada | 2005-10-12 23:04 | T教授ゼミ

後期のゼミ開始♪

 今日から大学の後期開始!!

 今日の2限から3コマも授業スタート!そのうち1個はゼミでした。ゼミ......私にとっては後ろめたい気持ちでいっぱいで、胃を痛めながら教室へ....。なぜ胃が痛いかといえば、この2ヶ月の夏休み中、バイトと遊びで1文字も論文を書かなかったからなのです(-_-;)しかも、わたしなんて4月の頭に就活を終えた身だから、もうちょっとは真剣にゼミに取り組まなきゃならないはずなのに......。

 でも、意外に(?)みんな手付かずで、教授も「11月くらいまでに見せれば.....」と寛大であったため、なんとか救われた!!神に感謝☆でも、10月には書いて仕上げます!(ココで断言してみる♪そしたらちゃんとやれそうな気がする)

 そして、今日は『グリーンツーリズム』についての討議。発表者の子はこの夏に実際に調査にいて聞き取りをしたとのこと。みんな夏休みボケで少々議論には欠けたけど、どうやったら過疎地に地域性を出していけるのか?どうしたら都市部の人間を町に連れてこれるのかどうしたら町にお金が落ちるのか?といった内容を議論していきました。
 こんな問題を討議すると必ず起きるのが『東京出身者』と『それ以外の地方出身者』の温度差。地方出身者にしてみれば別にわざわざ田舎に行かなくても実家に戻れば緑も自然も新鮮な食料も手に入るわけで、なんでお金をかけてまで不便な田舎に足を運ぶのか?って思ってしまうのです。だから今日も「自然を感じたいのだったら、なにも日本の田舎に行かなくても○ナダとか自然に溢れた海外のほうが行きたい」という意見が噴出。
 私もそう思う。今日の発表で、10億円かけて作った『田舎に都心の人間を呼ぶための施設』、1日平均利用者数1人だって(笑)。そんなお金をかけて、なおかつ1人の利用者のために職員を在中させるってどうなの??税の無駄遣いじゃないの??
 都会の人ってそんなに田舎の自然に接したいものなのでしょうか??
[PR]
by cocomopinacolada | 2005-09-21 23:11 | T教授ゼミ