幸せなひととき

トルコ3日目→帰国

 トルコ3日目は帰国の日。
 ということで、本日はトプカプ宮殿とバザールのみ。

 トプカプは前日のドマバチェフに比べ、建物自体は質素だけど、収められてる品々がすごい!!今まで金や銀の製品、王冠の数々は目にしてきたけど、あのスルタンの金とエメラルド、サファイアをちりばめた装飾品は本当にため息しか出ないほど凄まじかった。
 トルコってアジアとヨーロッパ、中東の中間地点にある分だけ、本当に世界各国からの貢物がされてて、権力を見せ付けられた感じでした。
 また、ハレム(スルタンと宦官以外の男性は入ることのできなかった女性のための宮殿)はすごく綺麗だった。トルコタイルはブルーで本当に綺麗だし.....。ここもガイドツアーしか見れないんだけど、たまたま日本人観光ツアー客が来ていたので、それにくっついて聞いたらかなり面白かったっす!

 バザールは、客引きが怖いので、客引きのない店でさらっとお土産を買って帰りました。どんな感じかといえば、韓国の南大門市場みたいな感じ。
 そういえば、昨日はモスクの中で客引きに引っかかって大変だったの。
 まず、18時半までモスクで礼拝を聞いていたら、英語で紳士が話しかけてきて、なんか首から紐を吊り下げてたからてっきり『モスクのインフォメーションガイド』だと思ったの。そしたら、「きみは熱心にモスクを見てるから...」ということで、ブルーモスク内の解説、外の解説をしてくれたんですね。そしたら、ほかの見所も教えてあげると、連れて行かれた先が『絨毯のお店』!!!そこで、チャイが渡され、(もしや睡眠薬が....)と頭をよぎったけど、私と同じポットからだされたお茶を店員も飲んでるので、飲んでみる。
 始めはイスタンの観光案内だったけど、次第次第に絨毯のおいてある領域に連れていかれれる。「私お金ないから買えない!」といえば、「講義だけでいいから聞いていけ」とうるさいので聞いていくことに。そしたら、シルク絨毯と綿絨毯の目利きを教えてくれ、その後「どれが好きか??」と聞いてくる。「だから買えない」って言うのに、しつこい!!
 「もうこれ以上講義を聴いたらますます買いたくなるけど、お金ないからバイバイ!!」
といって帰ったのでした。

 あっちの商品って、ホント値段を書いてなくって交渉次第で値段が決まるから本当に買うのに困るのでした。
[PR]
by cocomopinacolada | 2006-03-14 15:00 | ほわもか旅行記☆
<< 日本だぁ トルコ2日目 >>