幸せなひととき

フランスの暴動

 パリ――イスラム系移民の少年2人が警察から逃走中に感電死したのをきっかけに、パリ北東や北部の郊外地区で先月下旬から多発した放火などは5日午前も続き、10日連続の暴動となった。ここ10年では最悪規模の騒動になっている。車両への放火は「移民都市」マルセイユ近郊でも4日に発生、東部のストラスブール、西部レンヌ、南西部トゥールーズでも続発し、内務省は騒乱の拡大に懸念を深めている。
 同省によると、パリ近郊の少なくとも20カ所の地区で暴力行為が起き、3日夜から4日にかけ、数百台以上の車両が炎上などした。4日夜から5日にかけては全国で約152台の車両が焼かれた。列車への襲撃も起きた。パン屋や倉庫も放火されている。ただ、警官隊などとの衝突は前夜までに比べ、少なくなっているとの情報もある。

                                          By CNN
 どうやら本当にフランスの暴動がヤバいらしいですね!!
 観光産業にも響くかもって((+_+))
 最近、生協の旅行センターでヨーロッパ行きの卒業旅行パンフを取って帰ってる人をよく目にします。行かれる方は是非是非気をつけてくださいね(-_-;)

 でも、海外、どこも危険が潜んでいると思います。渡航危険地域には行っちゃ行けないと思いますが、適材適所に判断すべきではないかと私は思います。
 海外に出かけるたびに思いますが、海外は宝の山。日本と違う文化がそこにあるぶんだけ、そこにはたくさんの発見があります。違う生活があります。
 フランスもイタリアもインフォメーションと公共施設以外ではほとんど英語が通じず、掲示物を見ても何のことやら分からない世界でしたが、まずは何があっても落着いて行動することが大事だと思うのでした。
[PR]
by cocomopinacolada | 2005-11-07 13:47 | つぶやき~変わりゆく世の中~
<< ちゃんと論文に着手! 写真が出来上がりました! >>