幸せなひととき

黒部ダム

b0067388_1033669.jpg

マジ最高☆彡
 この写真は今回の旅行の最大の目的地、『黒部ダム』でございます!

 この写真、虹がかかってるでしょ!!こんなに綺麗に虹がかかってるのってなかなかないんだって!!観光地のおじさんが言ってた!!
 直射日光はとっても暑かったんだけど、風はひんやりとしてたし、ダムの放水の真上に行くと放水の水しぶきが飛んできて、マイナスイオンたっぷりで凄く気持ちよかった!!みんな感動しまくりでホント写真タイムでした!みんな写真に必死になってたんだけど、下を見ると凄く怖くて、カメラ落とさないようにびくびくしながら撮ってました(笑)。

 黒部ダムは186mの日本一の高さを誇るアーチ式ドーム越流型のダムで、堤頂長492mで総貯水量約2億立方メートルの超巨大なもの。建設された時期は昭和31年~38年6月で関西電力が当時の金額にして513億円の工費と延べ1000万人もの人手を投入しました。
 黒部の歴史を語り始めたら長いので割愛☆(Sちゃんが語ってくれるといいんだけど.....)
でも、割愛しちゃうとこの感動が伝わらないので書くと、水量が豊富で、しかも河川勾配が急峻であることから、大正時代より水力発電に適した川として黒部川は注目されていたんだけど、険しい地形・冬の厳しい気候が人を寄せつけず、また中部山岳国立公園に指定されていることもあり、開発は容易ではなかったんです。それでも戦後の需要で進められた建設ー。そこで難題が.....。大破砕帯に遭遇してしまったのです!!大破砕帯に遭遇したことで、もう、困難に困難を極めて犠牲者171人をだしてようやく完成したダムなのです!
b0067388_14728.jpg

 そんな感動を胸に、もっと上を目指して黒部湖から黒部平までケーブルで!!
 多分私の人生で初のケーブルだったと思うんですが、ケーブルのイメージが変わりました!!なんか、炭鉱の中にいる感じで、ものすごい急な坂をガーーーと一気に上っていって、外の景色を見ることなどなく上がるものでした。多分単線。なんだか、歴史を感じたし、私の中で昭和30年代のダム建設メンバーになった気分でした。
b0067388_1811565.jpg
 そして、今度は黒部平から大観峰までロープウェイで☆
 大観峰は標高2316M!!ともあって、大観峰には若干の残雪((+_+))すご~い!!だからとっても風がひんやり♪左写真のなかに赤く囲んだ場所があるでしょ?!あれが一番上の黒部ダムの写真の場所!!あんなにデカイものがここではこんな豆粒に見えるからビックリ((+_+))みんなこの自然のスケールに言葉を失っちゃいました!!いや、嘘(笑)。自然の大きさに挑戦するかのように10人全員で『ヤッホー』と叫んで他の観光客の人に笑いを提供してました(^_-)
 今は夏の時期だから、一面グリーンなんだけど、秋....というか2ヵ月後はマジヤバイらしい!!紅葉が凄いんだって!!マジみんな行ったほうがいいよ!!都会の街もいいけど、自然には勝てないよ!!初めて感じた瞬間だったよ!!ホント立山最高!!!

 ダムの美しさと人間の限界の挑戦に対する敬意と自然のスケールのデカさに心を洗われた私たちC製薬内定者10人は、再び東京に戻っていきました(^o^)丿

 帰りは初のおーちゃんカーに乗せてもらいました☆時代って凄いんだね!!ETCつけてると高速も何もなかったかのようにスルー出来るし、カーナビって進行方向を教えてくれるだけのものではなくて、DVDも見れるんだね!!ホントすごいわ~☆そして、あの車内の会話は最高だったね(笑)。あの軽トラの写真を取れなかったのが悔やまれる(>_<)

 黒部ツアー参加のみんな、お疲れ様でした&いい思い出をありがとう!!
[PR]
by cocomopinacolada | 2005-08-03 02:33 | ほわもか旅行記☆
<< 東京は暑い 小旅行☆彡 >>