幸せなひととき

医療の素晴らしさ☆

 今日、インターンの手伝いを終えて9時に帰宅して(寄り道してた)、ご飯を食べながらぼーっとテレビを眺めていた。最近、何かと医療のニュースは気になるようになってきた。これも職業意識の芽生えかな(笑)?!

 で、今日はTBSのブ○ードキャスターにて最先端医療について特集してました。なにやら、くも膜下を起こした患者に対してメスを入れずに治す脳外科医のカテーテルを使った脳動脈瘤のコイル塞栓術について。医療知識は一般人レベルしかないほわもかにとって仕組みに対する疑問は多々ありましたが、どうやら、脳にメスを入れる手術は患者に対する負担が大きすぎるようで、なかなか難しいらしい。そしたらその患者は死を待つより他に方法はないのであろうか。
 そこで登場するのが「神」の手と崇められている脳外科医によるカテーテルを使った脳動脈瘤のコイル塞栓術である。これは脳血管内治療の一つで、カテーテルと呼ばれる細く管を足の付け根の血管から、レントゲンを見ながら脳血管内へ誘導し、脳動脈瘤内にコイルを詰めて閉塞させてしまう治療らしいです。この手術が可能な医師(名医)と言うのは数人らしく、特に「神」の手と崇められている医師はこれまで4万人の患者を救ってきたらしいです(驚)!!
 この方法は外科手術に比べ患者の負担が少ないことで有効ですが、その技術を持つ医師が少ないこと、4%の確率でカテーテルによって脳の血管が傷つき、血管破裂を起こしてしまう、カテーテルが非常に高額だといったデメリットも多いようです。ま、テレビではそのデメリット以上に名医の素晴らしさを取り上げていたのですが、最後、一番手術成功の鍵を握るのは『医師が感じ取る感覚』らしいです。医師が感じる指の感触、カテーテルのスムーズさによって大体のことを察知するみたいです((+_+))

 また、「神」の手といわれる医師は脳血管治療だけでなく、心筋梗塞もやっているようで、たったの30分で胸が苦しいと言っていたおじいちゃんを楽にしてあげ、血管を流れる血液量も3倍に能力を上げる手術をしていて感動しました!!

 今、どの製薬会社も挙って癌や生活習慣病のために新薬を開発し、厚生労働省に申請しているわけですが、製品や医療機器に頼るだけでなく、医師の技術を上げることも非常に大事だと感じた一瞬でした☆友達も多く医学部に進学していますが、ぜひとも期待したいです(^o^)丿
[PR]
by cocomopinacolada | 2005-04-17 01:57 | つぶやき~変わりゆく世の中~
<< 営業.....戸別訪問 どこもかしこも..... >>