幸せなひととき

異文化コミュニケーションっちゅ~やつやな(笑)

 【カテゴリーに『カフェでひと休み☆』を追加しました♪】

 どこかのキャッチコピーみたいですがこれには理由あります。

 今日、銀座で某ベンチャー企業の説明会があり、銀座松屋目の前のSバックスで時間を潰すことに。丸の内もそうですが、銀座のSバックスには立川とは違いたくさん外国人がいるんですよね☆私外国人好きだし、アホな私は外国人たくさんに会うとプチ留学してる気分になるので、そういう空間大歓迎です!!ただし全く英語喋れないですけど.....。

 そして今日座ってバームクーヘン食べてたら、隣に鼻のものすごい高い外国人が隣の席に....。何語か不明の外国新聞持ってやってきました。私は「お!外人だ!」と思いつつ窓の外見ながら食べてたら、机をトントンとされて何か良くわからんけど聞いてきている。
 思わず私は困惑!!だって、英語じゃないんだもん!!でも、明らかに欧州系の顔つきだったので、英語で言えば分かるだろうと思い、sorryって言ったんだけど、なぜか納得してくれない。
 
 次の瞬間、その外国人がその人の国の言葉と日本語が書いてあるA4の紙を取り出した。どうやら日本に来たての外国人で、日本語を勉強しているらしい。そして、自分の国の言葉で話しながら「あなたの名前はなんですか?」という日本語の部分を指していた。だから私は「My name is Whitemocha(本名言ったけど)」と書き、英語で答えた。ここでやっぱり相手の名前を聞くべきだろうと思い聞き返したけど、なんだか違う違う!!という表情。ん???意味分からん。私は英語喋れないけど、書いてくれれば理解は出来るし筆談なら答える自信がある。それで、なんとか色々やり取りをするけどかみ合わない((+_+))

 でも、ジェスチャーなり筆談をしてコミュニケーションを図る。その中で分かった情報、その人はどうやらロバートというフランス人で、池袋よりもっと北の町に住んでるらしい。そして、相手には私が立川に住んでいて、大学は八王子で、そのまちは東京の中の街であり、銀座からはとっても遠い(地下鉄マップに載らないくらい)ということを知ってもらえた。そうすると面倒なことに、そんな遠くに住む私がなぜ銀座に来ているのかを説明しなければならない。もう、これを説明するのは無理だと思ったけど、言葉が通じないからどうしようもない....。簡単な英語の文章を書いてやっと納得してくれた。ここまでやるのに20分かかった。^_^;

 そして、日本語とフランス語の書かれた用紙を指し示し、何か言ってる。私は何とか英語を並べるけど、半分怒った感じで違うといっている。私も必死、相手も必死。今までのやり取りの紙を指し示して何かを訴えている。

....もしかして日本語を教えろということ??......
そう思い、ひらがなを書いてその上にローマ字で読み方を書いてあげてみた。すると「それだ!」と言わないばかりに目を輝かせる。それは、「奇麗」「親切」「感じがいい」という単語だった。でも、フランス語と英語って発音がかなり違うらしく(?)、ローマ字で書いても少し発音に戸惑っていた。そして、私を指して「K I R A I」と言った。「え!!!嫌い(/_;)」それは伝えたいことをなかなかくみ取れなかったから??でも、私も仏語知らないんだから仕方ないじゃん!ととっても悲しそうな表情をして見せた。相手はなんか納得してない表情で「きらい。きらい」と繰り返してくる。待てよ!もしかして、「KIRAI」と「KIREI」を間違えてるのではないか??そう思い、『KIREI=beautful』と『KIRAI=dislike』筆談した。すると『beautiful』をさして嫌いと言っていた。

 この外国人と実は50分近くコミュニケーションを図っていたので、他にも伝えきれない苦労がありました。周りの人がこの必死にコミュニケーションをとろうとしている2人を見て色々言ってるのも見えるほど^_^;ホント今日は今までの面接以上に苦労でした。でも、一つ疑問なのが、このフランス人、本当に英語が得意ではないのだろうか?相手から英語で話してくれることは一度もなかった。Yes Noしか......。でも、私がこれほどまでに外国人と話す機会は人生初だったのですごい良い経験でした。もしかしたら留学とかよりきつい状況下と思うほど(英語が通じないのは死ぬ)。そのなかでもジェスチャーや筆談でコミュニケーションをとれたことは少し語学嫌いな私には自信になりました☆

 最後、私は彼に対してひらがな対応表を作ってあげました。『あa いi うu えe おo かka きki くku.......』みたいな☆それを指しながら今日教えてあげた『銀座』『奇麗』『親切』を繰り返して上げるととっても喜んでました!!それを使いながら私の名前を何度も読んでくれました(^o^)丿本当にその時が嬉しかったですね!!ロバートもすごい目をキラキラさせて日本語を口にしていたし☆

 最後の最後『A RI GA TO U。WA TA SHI HA A NA TA NI A E TE U RE SHI I DE SU。』と言って握手しました。こうして私とロバートの50分の真剣勝負は終了!異文化コミュニケーション、大変だったけど、とっても有意義でした!!就活、お金も時間もかかるけど、私は好き☆☆☆だって、就活をしてなかったら今日銀座なんて行ってないし、ロバートにも会えなかった。私の就活を一言で表わしたら『逢』だな! 
[PR]
by cocomopinacolada | 2005-04-03 00:59 | カフェでひと休み☆
<< 個人情報保護法 ニュースの1コマ >>