幸せなひととき

MOTTAINAI.....

 【今日のニュースの1コマ】
 女性の地位向上などについて討議している国連の「女性の地位委員会」閣僚級会合で四日、ノーベル平和賞受賞者でケニア環境副大臣のワンガリ・マータイさんが演説し、日本語の「もったいない」を環境保護の合言葉として紹介し、会議の参加者とともに唱和した。
 マータイさんは二月に来日した際、「もったいない」という言葉を知って感銘を受け、世界に広めることを決意したという。
 この日の演説では「『もったいない』は消費削減(リデュース)、再使用(リユース)、資源再利用(リサイクル)、修理(リペア)の四つの『R』を表している」と解説、「MOTTAINAI」と書かれたTシャツを手に「さあ、みんなで『もったいない』を言いましょう」と呼びかけ、会場を埋めた政府代表者や非政府組織(NGO)の参加者とともに唱和した。さらにマータイさんは「限りある資源を有効に使い、みなで公平に分担すべきだ。そうすれば、資源をめぐる争いである戦争は起きない」と主張した。

 このニュースで「もったいないって言葉は若い人は使わないんですよね。ってか、意味を知らない人もたくさんいる」と言っていました。果たして本当にそうなのでしょうか?この言葉を知っている私は古い人間なのでしょうか??(最近になって『どくも(読モ:読者モデル)』という言葉を知ってちょっと時代遅れな自分を発見しました)

 確かに、傘だって100円で買えちゃう世の中、修理に出すよりも買っちゃえば?!っていう傾向はまだまだ続いていると感じます。電化製品だって、5~10年で買え替えるように作ってあると聞いたこともあります。
「あんた、これも捨てるんね。もったいないね~」という言葉、何度となく実家で聞きました。逆に最近は一人暮らしで壊れるまで、汚れるまで使う習慣がいつの間にやらついてしまい、
「え?!あんた、そのふくろ、小学校からつかっとるやつじゃん!!」とか
「え?!これ、いい加減に買え替えた方がいいんじゃないん?!」と言われたりしますが(笑)。

 もったいない、勿体無い、モッタイナイ、MOTTAINAI.......。
 限りある資源、有効活用したいです。.....と、環境愛好家発言もいいですが、『もったいない』って資源だけではないと思います。『人財』ももったいないな~と思うこともたくさんあります。

 結局は就活に戻ってしまいますが、自分の状況や友達の状況を聞いたりしていて、「企業はどうしてこの人のこんないいところを見つけて挙げられないんだろう、『もったいないな~』」と思います。そういう人材をたまたまその企業は求めてなかったのかもしれない。それはそうかもしれないけど、それだけでは人間語れないよさがあると思うんだけどな~~。

 色んな疑問を持ちつつほわもかは成功と失敗を繰り返し繰り返し大きくなっていこうと思います!!
[PR]
by cocomopinacolada | 2005-03-19 01:52 | つぶやき~変わりゆく世の中~
<< さいたま .... >>