幸せなひととき

日本は幸せ☆

 *まず、スキンを変えました!!*

メリクリ!!
 昨日〈24日)は、どこもかしこも賑わってたね!!ほとんどの人はキリスト教徒じゃないはずだけど、街中の人みんな素敵な笑顔☆それはカップルだけじゃなく、熟年の夫婦、ベビーカーをひくファミリー、子ども、ケーキを売ってるお姉さん、誘導している警備の人まで.....。

 他の世界の人から見たら「日本は何してんだ?1週間後には神社に行くくせに」って思われてるんだろうけど.....。

 でも、そんな自分こそ色んなところのイルミネーションに心躍らされている以上、何にも反論できません。そんな中、ふと目に留まったもの:

アジア・アフリカの恵まれない子どもを救おう!チャリティキャンペーン2004
  私たちにできること
 ¥  100 子ども1人のはしか予防が可能 あるいは ビタミンA カプセル10人分
 ¥  800 子どものための教材セット1人分
 ¥ 1000 マラリヤ予防用の1家族用の蚊帳
 ¥ 2000 子どもの栄養状態を管理する医療用体重計
 ¥ 6500 1週間の小学校教員研修1人分
 ¥10000 伝統的で安全な出産介助

 私たちがこんなに何も悩まずただ楽しんでいる一方で世界には貧しくて苦しんでいる人がたくさんいること、忘れてはいけないような......こういう考えって偽善者かもしれない。だって、日本に居る限り、私たちが直接的に何かできるわけじゃないんだし。
 たしかに、その意見って間違ってないと思う。私は感情論に流されやすいから、そういうところは直さないといけないとは思うんだけど、私は何もしないでいるよりはそう思うだけでも大事だと思う。最近思うこと
「無知であることが一番罪なのではないか。それが解決を困難にする最大の原因ではないか」ということ。
 私は、恥ずかしいけれど、アフリカ大陸の「緑の革命の悲劇」を最近まで知らなかった。緑の革命とは、生産性の高い種をアフリカに持ち込んだもの。それは、結果的にアフリカの社会秩序を急速に崩壊させ、土壌を荒らし、貧困を生んだ!そしてその原因は日本を始めとした先進諸国にあること!!これは某テレビバラエティーの中で紹介してて、「バラエティーの癖に政治的なことを取り上げるなんて不愉快、趣旨が違う!」みたいな批難の意見がたくさん寄せられたとのこと。確かに知ったところで、自分自身がすぐにアフリカに飛んで行くわけでも募金をするわけでもなかったら全く無意味かもしれない。しかし、今すぐに何か行動しなくても、事実を知り、自分の考えを持てば、いざ何かのチャンスが巡ってきたときに反応できるのではないかと思う。例えば、ODAの予算問題を考える時、アフリカの貧困が政治体制の不安定さのみならず、先進国が原因知ればもっと国民の理解が得られやすくなるとか....。
 
 そんなことをパンフを見ながら感じた☆

 ジュエリー売り場は店内の入場制限、地下の洋菓子売り場はどこの店も行列行列。祝い事は人の感情を豊かにさせ、人生を楽しくさせるから本当に大事だけど、1%だけでも自分のことだけでなく、楽しめる状況にない世界の人のことまで考えられたら、世界の平和に一歩近づけるのではないのかなぁ~。
        
[PR]
by cocomopinacolada | 2004-12-25 02:13 | つぶやき~変わりゆく世の中~
<< クリスマスが終わればすぐに正月! 食べ物以外のリラックス法☆ >>